英会話のロジック【マンツーマン英会話】
海外在住者が愛用する参考書

トップページ英会話・英文法話すための英文法【英文法】

英会話・英文法

英語を話すための英文法として、まず必ず覚えていただきたいことが

英語の文はほとんどの場合必ず主語・動詞で始まるということです。

これをしっかり頭に入れて置けば、まず英会話をするときには「誰が〜をした」ということを言えば良いことになりますよね。

例えば、まずは自分が言いたいことを頭でイメージして


「私はした。」I did..

「彼は言った。」He said..

「彼女は後悔している。」She regrets..


と、まずは言いすてる。ここまでだったら非常にシンプルな構文ですので英単語さえ適度に知っていればすんなり出てくるはずです。

最初さえすんなり出てしまえば、その後はある程度間をあけても問題ありません。

その間に続く文を考えてみましょう。

I did..(何を?)

He said..(何を?)

She regrets..(何を?)

ここの「何を」に当たる部分が単語で済むようだったら単語を入れる。
もし、この「何を」の部分にまた文章を入れなければならないようだったら文章を入れます。

I did a good job.(私はよくやった。)

He said he is busy.(彼は忙しいと言っていた。)

She regrets her marriage.(彼女は彼女の結婚に後悔している。)( ̄□ ̄;)


ネイティブスピーカーもこの動詞を言い終えた時点で多くの人が一拍呼吸を置いていますので、我々もそれは真似をしておいてよいと思っています。

最初の出だしさえすんなり行けば、あとは不思議と続くものですので、話すための英文法として、まずはこの「主語・動詞をまずは言い捨てる。」という感覚を身に着けてください。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ご案内
人によっては何百万も支払っている英会話学習。
しかしそれでも上達しない人は山ほどいます。
あなたにそんな無駄なことはして欲しくありません。
このサイトが少しでもその助けになればこんなに嬉しいことはありません。
このサイトの全てが無料となっています。是非ご一読ください。

このサイトはリンクフリーです。
タグ
  • seo
プライバシーポリシー