英会話のロジック【マンツーマン英会話】
海外在住者が愛用する参考書

トップページ英会話・英文法英文法・仮定法【英文法仮定法】

英会話・英文法

英文法の仮定法と言えば高校で習う英文法でしょうか。

英会話をする上でこの仮定法は非常によく使うので是非ここでおさらいしておいてください。

・I'm not goin' if you are not goin' (お前が行かないなら俺も行かないよ。)

・I want you to stopby a supermarket before you come back home, if it's ok for you. (もしあなたが大丈夫だったら帰りにスーパーに立ち寄って欲しいんだけど。。)

・If you don't pay me back what you owe me, I gotta do whatever I need to do. (もしお前がお金を返さないなら、俺もやることをやるからな。)



と、このように、仮定法の基本は if 〜(もし〜ならば)です。

仮定法過去、現在、過去完了、未来などの、詳しいこの文法上のルールは逆に皆さんを混乱をさせてしまう恐れがあるのでここではあえて突っ込みませんが、ちょっとややこしいルールがあるので、しっかりこの仮定法を使いこなしたいという方は、インターネットなり、参考書などをご覧になってください。

ここで説明するには、正直面倒臭すぎます…。

英会話をする上では上で述べたことさえしっかり押さえておけば、仮定法についてはあまり問題はありませんので、自分でも色々と「If」を使って文章を作ってみてください。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ご案内
人によっては何百万も支払っている英会話学習。
しかしそれでも上達しない人は山ほどいます。
あなたにそんな無駄なことはして欲しくありません。
このサイトが少しでもその助けになればこんなに嬉しいことはありません。
このサイトの全てが無料となっています。是非ご一読ください。

このサイトはリンクフリーです。
タグ
  • seo
プライバシーポリシー