英会話のロジック【マンツーマン英会話】
海外在住者が愛用する参考書

英会話スクール

現在日本では少子化問題が顕著になっていますが、そんな人口の減少とは裏腹に,子供英会話を習わせる数は年々増加の傾向にあるそうです。

子供英会話教育に関しては賛否両論があるとは思いますが、英会話をマスターするということに着目するならば、やはり早いうちから語学はやっておいた方が良いというのは間違いないと思います。

私は20歳を越えてからアメリカに渡って英会話を学んだわけですが、幼少の頃からアメリカに住んでいる、もしくは海外に滞在していた年数は私より少ないけど、子供の頃にそれなりに英語に親しんでいた人との間にはやはり大きな実力の壁を感じました。

ある程度年がいってからの英会話学習だとどうしても越えられない壁というものがでてくるんですよね。

しかし、それでも必要最低限レベルの英会話というのはある程度年がいってからでも十分学ぶことは可能です。

しかし、映画の中で登場人物が使うような英会話を話すことはやはり不可能です。

この壁を越えるためにはやはり子供の頃から英語に接することが必要となってくるのではないでしょうか。

子供のうちから英会話を習わせて、ある日突然とそれができるようになるということを期待している親御さんは少ないと思いますが、それでもやはり子供のうちから外国人の方と接する機会を持って、英会話に対する恐怖心自体をなくしてあげることができれば、それは後々大きな財産となるのではないでしょうか。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】

今の時代、東京都内を歩いていれば外国人を見かけない日はないと言うくらい在日外国人さんの数は多くなりましたよね。

彼らがよく集まるバーやレストランなどに行けば気さくに話しかけてくる人たちも沢山いますし、うまいことやれば英会話スクールなどに通わなくても、東京では英会話をマスターできるのではないかなんてことも思えてきたりします。

しかし、私の知り合いに話を聞いてみると、基本的に語学目的だけで寄ってくるような人はちょっと…、というのが本音ではあるそうです。

それでもやはり彼の場合何もしなくてもちやほやされる、ある意味うらやましい状況にあるので、嫌だとは言いながらも、そんな状況を楽しんでいるところを見ることができます。

明らかに語学目的の人と楽しそうに会話してますからね。

こういった時に女性は得です。

語学を教えてやる代わりに…。と男性に思わせることができますからね。(失礼!)


そういった下心に訴える方法なんてやだ!と言う人はやはり多少でもしっかりお金を払って教わるべきではないでしょうか。

何かをしてもらったら何かで返すというのは、例え友だちの関係だったとしてもやはり大切なことだと思います。

友達になればタダだ!

そんな卑しいこと考える人間と喜んで友達になってくれる人はきっと少ないはずですから。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
よく英会話スクールの校舎運営スタッフ(事務や受付、入校案内など)の求人をよく見かけることがあります。

私の友人も英会話スクールの受付として働いているのですが、やはり講師の方たちと接する機会が多いため、英語の実力も自然と伸びていっているそうです。

それまでは英語というものにある種の拒否反応を示していたのに、そこで実力が上がったため、今では留学に向けてせっせと貯金までするようになってしまいました。

貯金と英会話の勉強もできるから、こんな良い仕事はない。というのが彼女の言い分だそうです。(色々と大変な面もあるそうですけどね。)


私の友人はその英会話スクールに働き出す前には、全くといって良いほど英会話の方駄目でしたので、英会話スクール求人とは言っても、英会話力というのはさほど重視はされていないみたいですね。

それよりもむしろ、対人関係のコミュニケーションスキルなどを重視されることが多いみたいです。

英会話スクールといっても結局は日本人相手の仕事ですから、当たり前と言ってしまえば当たり前ですけどね。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
大阪英会話を勉強したいけど、英会話スクールに通うお金はない!
と、いう方にはこちらなんていかがでしょうか。

INEX

こちらは大阪で国際交流の場を提供しているグループなのですが、皆さん料理やバーベキューなどを通して外国人の人たちとコミュニケーションを楽しんでいるそうです。
欧米人だけではなくアジア人などの留学生も集まってくるそうなので、英会話だけではなく、もっと深い文化交流などもできそうですよね。

興味のある方は問い合わせなどしてみてはいかがでしょうか。

ただですね…。

こちらのホームページを見ると分かってもらえると思うのですが、かなり女性色が強いです…。

載っている写真を見ても、ほとんどの方は女性ですし。

男性はちょっと二の足を踏んでしまうかもしれません。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
オリコンのデータを元に色々な角度から英会話スクール比較をしてみたいと思います。


●顧客度満足度

1.7act
2.ブリティッシュ・カウンシル
3.サイマル・アカデミー
4.シェーン
5.ベルリッツ


●クラスの生徒数の満足度

1.Gabaマンツーマン英会話
2.ベルリッツ
3.サイマル・アカデミー
4.7act
5.シェーン


●授業の雰囲気

1.ブリティッシュ・カウンシル
2.サイマル・アカデミー
3.Gabaマンツーマン英会話
4.ベルリッツ
5.シェーン


●スタッフの対応

1.シェーン
2.ベルリッツ
3.サイマル・アカデミー
4.ブリティッシュ・カウンシル
5.Gabaマンツーマン英会話


●先生の質

1.ブリティッシュ・カウンシル
2.ベルリッツ
3.サイマル・アカデミー
4.シェーン
5.7アクト


●レッスン料の満足度

1.7act
2.ブリティッシュ・カウンシル
3.シェーン
4.サイマル・アカデミー
5.日米英語学院


と、このようになっています。

これらの比較はある程度参考として考えることをお勧めします。

今ではどこでも体験入学みたいなものも無料で受けられるところが多いですので、それらから参考にしてみるのも良いのではないでしょうか。

下手に申し込んで、しつこい勧誘などされたら嫌だ。
という人は最初の電話などで、

「必要になればこちらから電話差し上げます。」

と断っておけば、あちらから電話がかかってくることは極端に少なくなるはずですよ。(^O^)


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
英会話スクールに通っても英会話はできるようにならない。」

というのが何か社会の通説になってきているような感がありますが、このことを妄信している人たちは、ある大きな勘違いをしているように思います。

私がアメリカで英会話スクールに通っていたころ、やはり中々英会話ができるようにならず、そのいらいらから来るものなのか、これは学校が悪いからだ、などという人たちも結構沢山いました。

「日本人が多すぎて中々英会話がうまくならない。」

「先生が悪い。」

彼らの言い分としてはこういったことが非常に多かったのですが、不思議と一人でもこういったことを言い出す生徒が出ると、何故か周りの生徒まで同じことを言い出すようになるんですよね。

私はその頃その英会話スクールの上級クラスで、ある程度自分の勉強で成果を出すことができていたので、何かの助けになるかと思い、彼らにその勉強法を教えてあげたのですが、その際に返ってきた言葉が、

「最近忙しいからさ〜。中々そういうことできないんだよね〜。」

と、いうことでした。


( ̄□ ̄;)


私たちの通っていた英会話スクールはフルタイムの学校で朝の9時から2時までの時間で授業が行われていたわけですが、ほとんどの生徒はその後に特に何もやることはなかったんです。
もちろん、皆仕事なんかもしてないし、ホームステイをしている人がほとんどだったので、食事さえも作る必要はなかったわけです。
ましてや英会話なんてまるでできないので、現地に友人なんているはずもありません。

そして何より、英会話を学びにアメリカまで来ているのに、その為の時間がないってどういうことですか…。_| ̄|○


こういった人たちは英会話スクールに過剰な期待を寄せすぎている人たちです。

英会話スクールに通ってさえいれば、英会話はできるようになるんだ。」

こんなアホみたいなことを信じきっているので、それが思い通りにならないときには思いっきり人のせいにしてしまうわけです。

「塾に通っているだけでは受験に合格できない。」

なんていうのは高校生や中学生でも普通に知っていることなのに、何故かいい大人がこの普通の考えを英会話スクールに対しては持てなくなっているんですよね。

英会話学習で何より大事なのは自分がどれだけやったかです。

英会話スクールはただその補助的なもの、練習の場、自分でやって分からない箇所を質問する場程度として考えていた方が無難でしょうね。

ちなみに上記の彼らは結局、英会話に関しては大きな収穫もないまま帰国していきました。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
ご案内
人によっては何百万も支払っている英会話学習。
しかしそれでも上達しない人は山ほどいます。
あなたにそんな無駄なことはして欲しくありません。
このサイトが少しでもその助けになればこんなに嬉しいことはありません。
このサイトの全てが無料となっています。是非ご一読ください。

このサイトはリンクフリーです。
タグ
  • seo
プライバシーポリシー