英会話のロジック【マンツーマン英会話】
海外在住者が愛用する参考書

子供英会話

子供に英会話の勉強をさせたい、と考えたときに役に立つのがやはり絵本やビデオです。

親がいくら「これをやりなさい」と子供に言い聞かせても、子ども自身がそれに対して興味を示さなければ、自発的にそれらをやるということは一切ありませんし、その自発的にやるという行為を何とか引き出さなければ、英会話を習わせるどころか、生涯を通じて英語というものに拒否反応を示してしまう恐れがあります。

子育てという行為は非常に大変なものですが、子供にもしっかり自我というものがあるので、そこにはちゃんと注意すべきだと私は思っています。

子供が思春期になって迎える反抗期は皆さんご存知ですよね。
ここではまだ年齢も若いにも関わらず、子供達は自分は大人であるという自我が急激に発達してくる時期なので、自分の意思というものに非常に敏感になってきます。
子供の意思を無視し、ただ無理やり何かをやらせることで受ける反発はこの年頃の子供を持っている親御さんは経験があるのではないでしょうか。

何かをやらなければ、その分子供に罰則を与える。

これでは子供は自分の意思がひどく侵害されていると感じてしまうので、彼らはすごい勢いで反発します。

そして、子供のこういった自我の発達って実は反抗期になって初めて起こるものではないんです。

心理学や社会学の分野では有名な言葉らしいのですが、「恐るべき2歳」という言葉があります。

実はこういった「自我の発達」は2歳から起こるということです。

こういった自我を持った人間に対しては、何かをさせるために罰則や褒美をあげるという方法はあまり効果的ではありません。

下手をすると先ほどもいったように、反発される恐れの方が大きいんです。

ですので、子供が何とか自発的に行動するように、親は会話や説明などでその手助けをする。

それは決して容易なことではありませんが、子育てにおいてのあらゆる面でそれが出来たときの見返りは大きいです。

その為にも、子供が比較的興味を持ちそうな絵本や幼児向けのビデオなどは、英会話を学習するにも、非常に役に立つはずですよ。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】

色々と調べてみると、子供英会話講師募集って結構盛んに行われていますね。
意外と慢性的に人材不足な分野なのでしょうか。

参考に募集要項の欄を見ると、意外と英語力に関してはそこまで高いレベルを要求していないという印象を受けます。

どこの学校も「基礎的な英会話ができる人」と抽象的な言葉を使っていますし、具体的な資格を出した学校もTOEIC850点程度ということでした。

ただ、英会話の実力とは別に子供にものを教えるというのは非常に難しいことです。

子供は注意力は散漫になりがちですし、日によって頑張ったり頑張らなかったり。
機嫌が悪かったら周りのことも考えずに平気で泣き出したりするでしょうし。

これらのことにしっかりと対応できる能力というのは、英会話の実力よりも求められることでしょうね。

ただ、子供や親御さんから感謝され、しかも社会の貢献度も高いこの仕事は非常にやりがいのあるものではないかとも思います。

子供に英会話を教えてみたいけど、いまいち度胸が…。

と、言う人は是非勇気を出してチャレンジしてみてください。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
子供の英会話教室で有名な大手の学校と言えば、「ジオス子供英会話」「子供英会話ミネルヴァ」「ECC」「ベルリッツ」あたりでしょうか。

どこも大手だけあってカリキュラムなどはしっかりしているようですが、なにせ高額なので、選ぶ方としてはどこが一番ベストなのか、頭の悩ませどころですよね。

子供の英会話教室を選ぶときに一番気になるところは先生の質だと思います。
しかし、これはどこの学校の先生が良いというよりも、地域によって結構変わってくるものらしいので、やはり無料の学校見学に行って自分で判断することが一番手っ取り早いと思います。

興味を持てば何でも子供の吸収は非常に早いです。特に会話について上達は目をみはるものがあります。

そこで、無料の体験入学に行き、子供がどこに一番行きたがっているか、どこだったら子供が楽しく長続きさせることが可能か。これが親御さんにとっては一番の判断材料になるのではないでしょうか。
親のエゴで強制的に子供を通わせても、子供にとってはただのストレスにしかならない恐れがあるので、やはり子供の主張にある程度は耳を傾けるというのも大事なことだと思います。

子供にとって外国人は新鮮なものであり、彼らと実際に英語で会話をしたりすると大きな感動になります。

先生が子供に好かれる人柄の持ち主かどうか。

英語が通じないからと諦めず、ちゃんと辛抱強く英語で話しかけてくれるか。

これらのことは最低限ちゃんとチェックしておきたいことろですね。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
子供を英会話教室に通わせようと考えているのならば、やはり講師にはネイティブスピーカーの方を選んだ方が良いと個人的には思います。

子供の吸収力というのは私達大人が考える以上のものですので、やはりこの時期に本物の英語に触れさせた方が上達は間違いなく早いはずです。

かといって、私は英会話において日本人の講師を否定しているわけではありません。
大人になると人は言語を理屈で覚えていく傾向がありますので、この理屈をしっかり学ぶためにはネイティブスピーカーよりも、むしろ日本人の講師の方が教わりやすいです。

しかし、子供たちは理屈など一切抜きで、ただ聞いたものをそのまま真似るといったことに非常に長けているので、やはりここでは癖のある英語を聞かせるよりも、実際にネイティブスピーカーの話す言葉を聞かせた方が実力は間違いなくつくでしょう。

大人になってしまうと、このただ聴いたものをそのまま話すという単純なことが格段に難しくなってきますので…。


あとは、最初はなるべく一人の講師にしっかりと教わるということが大事だと思います。
これは人によるのかもしれませんが、子供英会話教室などに通いだすと最初はどうしてもだんまりしてしまいますよね。
数ヶ月経って場所や先生に慣れると問題なく話すようになると思いますが、あんまりころころと先生が変わってしまうと、その度に子供が慣れていかなければならなくなるので、最初はやはり同じ先生にある程度の期間は教わった方が良いでしょう。

子供のために英会話教室を探している親御さんたちは是非そんなことも頭の片隅において置いてください。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
友人のお子さんが子供英会話教室に通っているのですが、こないだその友人のお宅にお邪魔したときに、ちょっと子供英会話してみてよ、という友人のお願いを聞き入れ、軽い会話をしてみたのですが…。

正直、かなりびっくりしました。

発音がすごい綺麗…。

その子は子供英会話教室に通いだして、まだ1年も経っていない位らしいのですが、「それでこんなに綺麗に英語を喋るの!?」
と本気で聞いてしまった程です。

私もアメリカに5年程滞在していましたし、発音にもそれはそれは気を使って練習していたのですが。

英語を話すのが恥ずかしい…。

彼女と話しているときに不覚にもそう思ってしまいましたね。orz


正直に言うと、日本で、それも週に数回程度しか行かない英会話教室なんてたかが知れているだろうと考えていましたが、子供の聴力にはそんな私の考えをはるかに越えていたようです。

子供の英会話教育に関して私は、一応中道で慎重な考え方をしていましたが。


こんな成果を見せられてしまうと、ちょっと…。


純粋にうらやましいなと感じてしまいましたね。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
日本人が英会話を苦手とする理由の一つとして、外国人を目の前にすると、どうしても緊張してしまう「外国人コンプレックス」というものがあります。

同じ日本人でも初めて会うような人には緊張してしまうという、という人もいるぐらいですから、どんな生活を送って、どんな考え方をしているのかもいまいち分からない外国人で初対面だったりすると、どうしても緊張してしまうというのは確かに理解できます。

そして何故か多くの日本人は欧米諸国の人に対してある種の憧れが強すぎるところがあるので、それらの国の人を前にするとこの「外国人コンプレックス」がひょいっと顔を出してきます。



緊張しちゃって何を喋ったらいいか分からな〜い。(>Д<;)



これって、憧れの人と会っているときの感覚と似ていますよね。

何を話したら相手が喜ぶか考えすぎて、実際に言葉が出てこない。

要するに、嫌われたくないから失敗をしたくない。

自分を良く見られたい。



こんなことばかりを考えてしまうから、言葉が中々出てこないで自分は英会話ができないと思い込んでいる人が結構多いんです。

本当は普通にコミュニケーションを取れるくらいの力はあるはずなのに。。



だからと言って、これが簡単に直せるとは思っていませんが、少なくともこれを自覚して、なるべく自然に振舞おう、と自分に言い聞かせるだけでも結構な解決にはなると思います。

子供の頃から英会話教室などに通っている人はここら辺が非常に強いですよね。

外国人といってもあくまで皆同じ人間なわけですからね。

肩を張らずに、リラックスして英会話を楽しみましょう。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
ご案内
人によっては何百万も支払っている英会話学習。
しかしそれでも上達しない人は山ほどいます。
あなたにそんな無駄なことはして欲しくありません。
このサイトが少しでもその助けになればこんなに嬉しいことはありません。
このサイトの全てが無料となっています。是非ご一読ください。

このサイトはリンクフリーです。
タグ
  • seo
プライバシーポリシー