英会話のロジック【マンツーマン英会話】
海外在住者が愛用する参考書

英会話上達法

英会話上達の秘訣は二つあります。

一つはしっかりとした勉強法をしっかりと身につけること。

そして、二つ目はそれを継続するということです。

一つ目の英会話の勉強法に関しては、これを勉強をする前にしっかり身につけないと、英会話に関してはすごい回り道をしてしまう恐れがあります。

英会話を勉強するときに、「辞書に書かれている単語を全て暗記してやる!」などと意気込む方もいるかもしれません。

しかし、それでは生きているうちに英会話ができるようになるかどうかも怪しくなってしまいます。

しっかりとした勉強法を身につければ、必要なものを優先的に覚え、そして必要でないものは気にしないといったことができるようになるので、非常に効率的に英会話が習得できるようになります。

要するに地図を持たずに旅にでかけるか、出かけないの違いだと思ってください。


そして、二つめの継続するということ。

日本人の多くの人が英語が出来ない理由が恐らくこの「継続」に問題があるのではないかと思っています。

せっかく旅に出て、地図もあるのに歩みを止めてしまっては到底目的地に到達することはできません。


私は最初の勉強法に関しては結構自信を持っているので、皆さんに教えることができます。

しかし、二つ目の「継続する」ということを教えることはできません。

日本で英会話ができるようになりたいと強く願っている人が多いのは知っています。

もしあなたもそう思っているのならば、「一年間絶対毎日1時間は英会話の勉強をする!」と自分に約束してみてはいかがでしょうか。

その約束を守ることができれば、1年後には海外旅行などに行っても英語で困るなんてことは一生なくなるはずですよ。

決して悪い話ではないと思いますよ。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】

英会話上達の裏技と言いますか…。

英会話が苦手な人に対して、英会話が大してできなくても英語がぺらぺらだと見せかけることは可能です。

ネイティブスピーカーがよく使うフレーズで「You know」というものがあります。

このフレーズ自体に意味は無いのですが、人によってはやたらめったら使ったりします。

Uh... you know... I think it's.... uh... you know.. terrible.

こういったように、「I think it's terrible.」とズバっと言ってしまえば済むものをやたら伸ばし伸ばしで話したりするんです。

この「You know」を使えば、だらだらにはなりますが、非常に長くしかもネイティブっぽいことを喋っているように聞こえたりするんです。

そこで人によっては英語ができるということを他人に見せ付けるために多用します。

そうしたら、大して喋れなくても他人から見れば、やたら長い文章を喋っているように見えますからね。

くだらないことですが、これが実際に効果てきめんなんです。

私の見た感じだと、サッカー選手だった中田英寿さんがこの手法を使っています。


ただ、この手法は実際に英語を母国語とする人に対しては非常に強い嫌悪感を抱かせるので、あまり多用は禁物です。

あくまで、英語ができない日本人などに見栄を張りたい場合にだけ使うようにしましょう。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
英会話上達のために本を読むということは非常に効果的です。

もちろん日本語の本ではなく英語の本ですよ。

この読書というのはどれだけ勧めても、あまり皆実行しようとはしません。

確かに面倒なことだというのは分かるのですが、それは最初だけです。

英語を読むと頭が痛くなるというのも最初だけです。

自分の尻をちょっと叩いて、一日に寝る前の20分でもこの洋書を読むようにしたら1年後にはかなり英会話は上達しているはずです。

しかも大幅にです。

ここで注意していただきたいのが、洋書を読むときに辞書を同時に使うと、これは確かに非常に面倒な作業となってしまうので、あまりおすすめしません。

最初は理解できなくても良いので、とにかく一冊の本を流し読みしてください。

そうすると、何個か意味の分からない単語でどうして意味が分からないと気持ち悪いというものが出てきますので、そういったものだけ意味を辞書で調べるようにしましょう。

そして、一冊の本をを読み終わったらまた同じ本を何回か通読するようにします。

そして、また意味が分からないと気持ち悪い単語を辞書で調べてください。

これを何回か続けると最初は意味が全く分からなかった本も最後の方には何となくですが理解できるようになります。

そして同時に語彙力も相当にアップしています。

この方法で読書を続けていけば、TOEIC程度の英語だったら何の問題もなく解けるようになっているはずです。

一日20分で結構です。

是非試してみてください。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
英会話上達のために海外ドラマや映画などのDVDは非常に役に立ちます。

英会話上達のためには沢山英語を話さなければならないとよく言いますが、実際に日本にいる限りはこの英語を話す状況というものは中々あるものではありません。

そこで活用したいのがこの洋画のDVDです。

DVDには字幕を英語にしたり日本語にしたり、そして消したりできる機能があります。

リスニングの練習をしたいときはこの字幕を消したりして観るだけでもかなりの練習になるはずです。
リスニングの場合は英語の字幕を表示させることで、さらに効果的な学習が可能です。

そしてスピーキングの練習ですが、これは英語の字幕をオンにして、俳優や女優さんが喋っているのをそのままものまねをして読むようにします。

それが30分のドラマだったら、それをするだけで30分間英語を話し通したことになりますし、映画だったら2時間喋りっぱなしということになります。

この練習をある程度続けると、アメリカ人などが良く使う短い表現などはあっという間に身についていきます。

そして、実際に口に出して練習しているので、舌の回りも非常にスムーズになります。

これだったら誰でもできる練習法ですし、机に向かって勉強するよりも全然上達具合を実感できるはずです。

是非試してみてください。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
英会話上達のためにはイメージというものが大事になってきます。

例えば、「Apple」という英単語があります。

この「Apple」を聞いた、もしくは見たときにあなたがイメージするものは何でしょうか。

このときにイメージするものが「りんご」という日本語だったら、恐らく英会話上達にはかなりの時間が要すると思います。

逆にこのときに、りんごそのものをイメージした人は比較的英会話の上達は早いはずです。

頭の中で状況をイメージして、それをそのまま英語にして話すことができればその分口から出てくるスピードは早くなりますし、すらすらと口から出てきます。

しかし、イメージをまず日本語にしてからそれを英語にするという過程を踏んでしまうとその分口から英語が出てくるスピードは遅くなりますし、場合によっては頭を混乱させてしまいます。

このことを解消するためには、まず物や事を見て、それを直接英語にするという癖をつけることが大事です。

街を歩いていて、誰かがカフェでコーヒーを飲んでいるのを見たら、その状況を日本語にしないで英語で表現してみましょう。

身の回りのものを見て、それを日本語に介さないで英語でその名前を言ってみましょう。

これは、インターナショナルスクールなどに通っている子供たちも実践している、英会話上達術ですので、初心者の方は特にやっておくべき練習です。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
英会話上達のコツは「なるべくシンプルに分かりやすい単語を使う」そして「同じような意味で違った表現を探す」ということです。

例えば、よく仕事などが終わった後に「お疲れ様でした」という言葉を使いますよね。

この「お疲れ様」に固執してしまうと中々英語が口から出てきません。

何せ、そんな表現は英語にはないですから…。

そんなときは、違った表現をぱっと思い浮かべる必要があります。

その状況がもし週末だったら、

Have a nice weekend!

とか、

平日だったら、

See you tomorrow!

とか、これだったらわざわざ「お疲れ様」という英訳を考えなくても、ぱっと口から出すことは可能ですよね。

その他にも、もし自分が言いたいことが英単語で出てこないという場合は、とっさに違う言い方で、そして自分でも言える英語表現を使って意思表示をしてみてください。

このコツを覚えると意外と英会話はすらすら口から出てきます。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
英会話を上達させる方法として、日記を英語で毎日書くということがあります。

これも地味な作業なので中々継続させることが難しいものなのですが、一年もこれを続けることが出来れば、その見返りは相当に大きいです。

最初は英語を書くということに戸惑うかもしれません。
それは英語を学んでいる全ての人が最初に思うことなので全然問題ではありません。

しかし、「私は今日〜をした。」「私は疲れた。」などの単純な文章だったらそこまで難しいことではありませんよね。

最初はこういった単純な文章だけでいいので、どんどん書いていくようにしていってください。

「母と話した。」「友達とレストランに行った。」「犬を見た。」

こういったごくごく簡単なもので構いません。

どんどんその日の出来事を時間順の箇条書きみたいな感じで書くようにします。

これだったら、そんなに難しくはないはずです。

そして、これを続けていくうちに自然ともうちょっと凝った文章を書くようになり、そして1年後にはかなりの英語を駆使しているはずです。

騙されたと思って是非試してみてください。

1年前に書いた自分の日記を読んで、「え?私の英語ってこんなにひどかったの?」と笑えるのは、最高に楽しい経験になりますから。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
英会話上達法の秘訣はいたってシンプルです。

・沢山英語を聞く

・沢山英語を話す

・沢山英語を読む

・沢山英語を書く

たったこれだけのことです。


恐らく、こんなことは言われなくても分かっていると言う人の方がほとんどだと思います。

しかし、実行している人は多分少ないですよね。

これは他のことでも言えると思うのですが、結局何かを成し遂げられるかどうかというのは、どれだけ日頃から継続してその目標に向かって行動をしているかどうかだと思うんです。

例えば、ダイエットを例にすると、

「効果大!○○ダイエット!」

「楽して痩せられます!」

こういった言葉に乗せられて本当に痩せられた人って一体どの位いるんでしょうか。

実際にスタイルを維持している人というのは、暴飲暴食は決してせず、ちょっと自分の体に変化があれば食事を少し減らすなどの努力をしている人がほとんどのはずです。

英会話の上達法にも同様のことが言えます。

残念ながら、英会話習得に近道はありません。

苦しいことかもしれませんが、継続的にこつこつと英語に接していきましょう。


英会話のロジック【マンツーマン英会話】
ご案内
人によっては何百万も支払っている英会話学習。
しかしそれでも上達しない人は山ほどいます。
あなたにそんな無駄なことはして欲しくありません。
このサイトが少しでもその助けになればこんなに嬉しいことはありません。
このサイトの全てが無料となっています。是非ご一読ください。

このサイトはリンクフリーです。
タグ
  • seo
プライバシーポリシー